お葬式の言葉の意味と正しいマナー

お葬式のマナー

人生の中でできるだけ式は参列したくないと思うものです。ただ、家族や親友、恩師など近しい人のお葬式にはきちんと参列してお別れをする必要があります。逆にこの機会を逃してしまうときちんと気持ちを伝えるチャンスはありません。ただ、日常生活の中でお葬式に参列する頻度というのはあまり高くなく、場合によっては数年参列しないということもあります。そのため、時間が空くとどうしてもマナーを忘れてしまいがちです。しかし、お葬式のマナーというのは様々なものがあり正しく行えないと失礼に当たるようなこともあります。

最期のお別れの場面でマナー違反に当たるようなことをしてしまったら、故人に対しても遺族に対しても失礼なことになるため、自分だけでなく相手にも恥をかかせてしまう可能性があります。そのため、このような事態を避けるためにもマナーは知っておく必要があります。お葬式というのは突然決まることが多いため、参列する前に慌てて調べて知識を身につけるのではなく、日常的に正しい知識は身につけておく必要があります。

まず、お葬式のマナーについて知るにあたり、葬儀との違いを知ることが大切です。同じようなことを意味しているようで厳密には違います。葬儀というのは亡くなってから仮想までの一連の葬送儀礼のことを意味しており、この言葉の略称です。そのため、お通夜や納棺といったものも葬儀の一つに含まれると考えられます。これに対してお葬式は火葬前後に行われる儀式を指しています。この言葉は仏式のような宗教儀式のものだけでなく無宗教のものでも使うことができるため色々な場面で使われる言葉です。葬儀のことを意味するために混同されることもありますが、厳密には違うことを意味しています。また、無宗教の人の宗教儀礼を伴わないお別れは告別式といいます。宗教はデリケートな問題でもあります。軽い気持ちで言った言葉やうっかり間違えてしまった言葉でも相手を不快にさせてしまったり悲しい気持ちにさせてしまったりする可能性があるため気をつけましょう。

ちょっとしたことの違いに思われますが、きちんと言葉を知っている人からするとちょっとした言葉の使い方でも常識がないと思われてしまう可能性があるため気をつけましょう。会社で総務を担当していたり、お葬式で受付を担当したりする際にはこういった言葉が正しく使い分けられていると相手に不快な思いをさせることはありません。当日の参列した際のマナーだけでなくこのような言葉の違いについても身につけておきましょう。

最新投稿